高価になりそうな骨董品買取は愛知で鑑定のプロに鑑定してもらおう

骨董品買取

骨董品を保存するときの注意点

骨董品買取で重要になるのは、保存状態の良さです。どんなに貴重な骨董品でも、劣化が激しければ価値は下がってしまいます。では、どのように保存すればよいのでしょうか。
まず絵画ですが、これは骨董品の中でも特に劣化しやすいものです。絵画は完成したその時から劣化が始まっていると言われています。そこで注意すべきは、湿度と紫外線です。日本の気候は高温多湿であり、さらに密閉した場所での保管となると、これほど絵画に悪い環境はありません。こまめに換気し、湿度の低い場所で管理しましょう。紫外線が当たらない場所での保管がベストなので直射日光は厳禁です。
次に陶器ですが、これは手入れをしっかり行うことが大切です。そこで煮沸をおすすめします。むしろ悪い影響がありそうなイメージですが、骨董品は塗りがしっかりしているので、色が剥げたりする心配はありません。煮沸すると、土の目がつまって汚れや臭いが付きにくくなります。また、お湯やぬるま湯を使ってスポンジなどで優しく洗うのもよいでしょう。
掛け軸は湿度に最も注意が必要です。保管場所はなるべく風通しのよく、湿度の低い場所がベストです。水滴が飛んだり、花粉がつくことも避けましょう。また、巻くときに傷やシワがつきやすいので、扱うときは優しく慎重に。こういった注意点に気をつければ、当時のままとはいかずとも、かなり劣化を遅らせることができるでしょう。

骨董品を保存するときの注意点

骨董品買取で重要になるのは、保存状態の良さです。どんなに貴重な骨董品でも、劣化が激しければ価値は下がってしまいます。では、どのように保存すればよいのでしょうか。まず絵画ですが、これは骨董品の中でも特に劣化しやすいものです。絵画は完成したその時から劣化が始まっていると言われています。そこ…

MORE

NEW ARTICLE

2017年06月19日
まさか我が家からお宝が!?を更新しました。
2017年06月19日
骨董品買取で注意したい贋作のポイントを更新しました。
2017年06月19日
骨董品を高く売るにはを更新しました。
2017年06月19日
骨董品を保存するときの注意点を更新しました。
TOP